カーディーラーの営業マンについて

車を新車で買うときにはディーラーに赴きますが、この時の営業マンの対応。

どの車にするという明確な希望や、買おうという意志もイマイチというときに、営業マンの対応で購買意欲は左右されます。

例えばいかのような営業マンにあった場合、どちらで決めようか。

どちらの営業マンのほうがいいんだろうか。

これが大きな問題のように感じてくると思います。

Aは一回試乗しただけで、急に自宅訪問。

提示された条件は「今日中に決めたら下取り三倍」「値引きも他社と同額」「期限は明日まで」、

この条件の有効期限は今回まで。

知識は豊富で、対応は至極丁寧で謙虚な雰囲気。

Bはかなり不器用な雰囲気で、口数も少ない。

長い商談は苦手だからということで、一発で限界の値引きを提示した。

中古車が勝てないほどの値段だった。

商品知識に関しては薄いが、嘘を付くような人ではなさそうに見える。

サービス工場とディーラーは雑な印象。

Cは若い営業マン。

商品の知識は高いが説明がひどく下手。

契約決めて欲しいと言うが値引きしないという、「条件の手土産」がまったくなしで何回も電話してくる雰囲気。

自宅訪問回数が多すぎて困る。

さて、この3人のうち、誰から買ったらいいですかというおはなしですね。

ホンダCR-Zに試乗

買う気にさせたい

車というのは、必要に迫られている以外、「今回見送ってもいいな」と思ってしまう購買者が多いと思われます。

営業マンとしては一期一会なので、どうしても「少しその気になりそうなお客様」が来れば、なんとかうちの車で!という気になりますよね。

そのディーラーでどの車を押してきているのかというのが解らないので、なんとも言えません。

またこの話自体がいつだったのかにもよりますよね。

月中なのか、月末なのか、決算時期なのか。。。

なんとも言えませんが、私ならば「今日中に決めたら下取り三倍」の手土産を持ってきた営業マンでしょうか。

消去法ではありません。買うならこの営業マンにします。

まずCは消えます。

まず成績が上がっていない営業マンではないのかと考えられます。

車業界の営業をしたことはありませんが、成績が上がっていない営業マンには値引き幅が与えられません。

この営業マンから買ったとしても、次もこの調子で値引きなしのままということになりかねない。

長く付き合うことを考えると、ちょっと難しいかもしれません。