高級外車ディーラーにお勤めの営業マンの乗っている車は?

トヨタはトヨタ車を、日産は日産車、スバルはスバル車。。。これが営業マンの常識ですよね。

トヨタの営業マンが日産車になど乗っていたら、そりゃもう大変なことでしょう。

ただ普通の生活者で買える車が各社ありますから、問題はないでしょう。

しかし輸入車、フォルクスワーゲンあたりであれば何とでもなりますが、フェラーリやポルシェあたりであれば、とんでもないですよね。

高級車を売っているからと言っても、お給料は大してかわりませんもの。

それでも「いやぁ、フェラーリ乗ってもらわなきゃ困るよ」等と言われたら、もう働けません。

こういう高級外車のディーラーにお勤めの営業マンの方は、個人所有の車はどうしているのでしょうか。

FJクルーザーエコカー減税

ベンツとBMWはよく乗っているのを見るけれど

とある大手外車ディーラーの友人がいます。

BMWに乗りたいと考えていましたので、ここに勤めれば自社提携ローンが通りやすくて、自分でも買えるのではないかと思って就職しました。

今でもBMWに乗っていますし、その傾向はベンツにも言えますね。

ベンツとBMWの業界内での評価は、やはり高いのです。

ただ乗れる人、乗りたくない人いますから、このようなディーラーは国産車であればとりあえずOKのようです。

しかし自社扱いがあったとしても、並行車はNGということ。

自分じゃ乗れなくても、社用車は扱いの車になりますので、自家用車は国産でも会社にいるときには高級外車をブンブン乗り回すことも可能なのです。

「自分で買える範囲の」ということになれば、フォルクスワーゲンやオペルになると思いますが、このディーラーの場合は「この車が好きだから就職した」という人が増える傾向だという印象です。

「買える」ということもありますし、「買いたい」ということもあるんでしょう。

かなりの割合の人が自社ブランドに乗っていたように思います。

まず修理にお金がかかるのですが、勤めていればかなりのコストが削減できます。

これは魅力だと思いますよ。

外車はとにかく「壊れたら直す」「直しながら仕上げてゆく」という特性のものですから、修理にかかる費用が半端ないのです。

務めていることで割引その他があるのなら、好きであれば務める価値があるでしょう。